借金による負の連鎖。債務整理しても失われた信用は戻らない。。

私は過去に借金を抱えていました。
その額は高くはないのかもしれませんが、高校を卒業したった数年と、社会人としてはまだまだ未熟だった頃だったために、借りているお金の額は瞬く間に増えていきました。

最初のころは少し遊びに使うためのお金がほしくて借りてみようかと、興味本位で手を出したことから始まります。
そこからしばらくは返してはまた借りる事の繰り返しで、借金の額が変化することはありませんでした。
しかし、ギャンブルにはまってしまい、挙句の果てには自動車にまで手を出してしまい結果、数社からお金を借りて返すことも困難な状態になってしまいました。

そしてある時に、とある消費者金融業者の方から「このままだと裁判沙汰になりますよ」と言われ、ここで初めて自分の置かれている状況が理解できました。
そのあとは弁護士の方を紹介していただき、債務整理をすることとなり数年かけて無事に完済することができました。

しかし、完済したからといって終わるわけではありません。
借金をした事や、それにより信用を失ったことは記録に残っています。
そのためにクレジットカード等を作ることはできませんし、ローンも組むことができません。

ただこの状況を経験したことにより、お金の大切さを感じることができたので、今後の生活への教訓としていくこととします。

借金返済地獄体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA