借金取り立ての解決方法と違法になる時間帯は?

お金を借りて返済しないでいると、金融機関からの催促が始まる可能性もあります。
借金取り立てのやり方は会社によって違いますけど、電話や直接家にきたりといろいろな仕方で行ってくるでしょう。
貸したお金を返して貰うのは当然です。
とは言え、借りている人にとっては、すぐには返せないと同時に取り立て自体がとても怖くなってくるようなこともあるかもしれません。
そうなってしまっては、日常生活にも影響が出かねません。

そこで取り立てをやめさせるにはどうしたらいいか?
借金を返済するのが1番良いのですが、それができないから困っているのです。
でも、返せないと取り立ては止まないですよね。

ということは、問題の核心はいかに借金返済するための方法を考えるか?ということになります。
1人で返そうとしてもダメだったから取り立てが行われているわけですから、1番良いのはこういう問題に慣れている人、詳しい人に助けてもらうことでしょう。
例えば、弁護士とかです。

1人で悩んでいても実際にどうにもなりません。
借金問題を解決するというのは、借金問題を解決するに等しいので、それに詳しい人に相談すれば、とりあえず具体的な道筋くらいは示してくれると思います。
取り立てから逃れたいのならば、1つ方法として覚えておきましょう。
今は、相談自体は無料で行えるところも多いですからね。

借金の取り立ては違法な時間帯がある

借入をしていて、なかなか返すことができないでいると、もしかしたら取り立てがやってくるかもしれません。
返済の催促を行うこと自体は違法ではないものの、やり方次第では違法になるので、今借金をしている方は知っておいた方が良いでしょう。

具体的に言うと、取り立てをどの時間帯にやるか?というのが1つポイントで、基本的に朝早い時間帯と夜遅い時間帯は催促をしてはいけないことになっています。
時間帯も具体的に決まっていて、21時から翌朝の8時です。

この時間帯は近所迷惑になるということもあるかもしれませんが、借金の取り立て行為は禁止です。
それは家を訪れてチャイムを鳴らしたり、ドアを叩いたりするだけではなく、電話による催促も禁止されています。

つまり、この時間帯はお金を借りている本人に対しても、接触を図ることが全て禁止されているといった状態になっているわけです。
だから、もし今後催促を受けたとしたら、この時間帯にそれが行われている可能性もあります。

だから、そういう場合には無視して構わないということです。
ただ、それ以外の正当な時間帯に連絡がきたり、家を訪問した場合にはきちんと返答をした方が良いです。
そうしないと、違法な時間帯に借金取り立てが行われても、それ自体が正当となる場合があるからです。

借金返済地獄体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA