苦しくても借金返済は自分の責任で行う?

借金を返すのが苦しくなってきたら、さまざまな方法で支払い手段を変更することも可能ですが、最後はすべて自分で責任を負うことになります。
ここでいう責任とは、金銭的なものではなく、返すという行為について責任を負うということです。
お金の面に関しては、もちろん自分で返すのが基本ですが、万が一の時には両親などの協力を得られるような場合、そこで完済できるということも考えられます。

しかし、両親に返してもらえたから、また借りられると、再度借金に走ってしまう人がいるのも事実です。
その上、一気に返されたとなると、金融業者も返済をしっかりしてくれると思い、再度営業をしてくる可能性もあります。
そのため、大きな買い物のタイミングと重なってしまうと、再び借金生活になってしまうことがあるのです。

また、友人に借金のことを相談する人がいます。
もちろん、相談することは悪いことではありません。
しかし、よほどのお金持ちではない限り、フォローしてもらえることは少ないのが現状です。

この事例を見ていて分かるのは、結局は自分が最後は責任を負って返済をしなければならないということです。
お金の都合は、最悪の場合何とかなります。

しかし、借金返済をする!という強い気持ちを持つのは自分であり、決して両親や友人ではないのです。
借りる前にこれから先のことが分かっていれば、もしかしたらお金を借りなかった可能性もあります。

しかし、借りてしまった以上、自分に責任は発生します。
返済するという強い気持ちを持って、完済、それから先のこともしっかりと見据えて計画を立てたいものです。

借金返済地獄体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA