借金返済は計画通りいくとは限らない。

一回払いで完済できるような借入ならそれほど気にすることはないと思いますが、だいたいお金を借りるとなるとそれなりの大きな金額を借りることが多いのではないでしょうか。
借金する際には現在の収入と未来の収入予定を見込んで返済計画を立てますが、どうしても収入が予定通りでないことも起こりえる話です。
以前の日本ならまじめに働いてさえいれば昇給もあり、効率的にに支払いできるというイメージを持つことができました。

実際には個人個人でそうでなかったとしても、時代が年齢を重ねるほど高収入になるという風潮があり、実際の平均収入もそうであったと思います。
しかし最近では終身雇用がくずれてリストラや解雇されるケースもめずらしいことではなくなり、会社も大企業でも安泰というわけには行かないニュースもよく聞きます。

特に住宅ローンや自動車ローンなど長期間の支払いとなる借入は、返す途中で収入の見込みが狂ってくるというのは昔以上に多くなっているように思います。
そうなったときにどう家計を立て直すかということも想定しておかないといけなくなりました。
「借金は計画に」とは言うけれど、会社の倒産やリストラなど自分の努力では回避できないこともあり、返済は効率良くいくとは限らないと認識しておいた方がよさそうです。

借金返済地獄体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA