債務整理におけるメリット・デメリットは?

どうしても借金返済ができない…最近は景気の悪化や会社の経営状態がよろしくなく、仕方なく債務整理を行わざるをえない人が多くなってきています。
しかし、借金が膨らみ、生活ができないのであれば、避けては通れない道です。

もちろん、法的な処理ですから、犯罪者になるというわけではありません。
しかし、どこかで返さなくてもいいという精神的な安堵と、返せなかったという苦しみの間で悩むこともあるでしょう。

では、債務整理をすることで、どのような良し悪しが発生するのでしょうか。
メリットは、どの方法でも借金の減額ができる、あるいは帳消しにできるという点が挙げられます。
採用する申請によって金額の多少はありますが、借金返済が楽になることは間違いありません。

ただし、手段によっては条件付であるものもありますので注意が必要です。
借金返済が楽になることで、自分の生活も楽になります。
さまざまな苦しみから解放されて、生きていくうえでの活力を見出せるのも大きな利点といえるでしょう。

しかし、その一方で、金融面で考えれば自分の信頼は完全に地に落ちてしまったと考えていいでしょう。
本来ならば返さなければならなかったものを返さなかった、あるいは返せなかったのですから、これは仕方のない部分です。
ブラックリストになっている間はお金を借りるという行為に制限がつきます。

したがって、しっかりと稼いだお金だけで、あるいは親類や両親から都合を付けてもらった費用で生きていく必要が出てくるのです。
理想はあくまでも全額の借金返済が原則ですが、ダメになってしまったら無理をせずに各種申請ができるということはしっかりと頭に入れておきましょう。

借金返済地獄体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA