自己破産しても借金返済生活から脱出できない?

自分なりに頑張ったけど、借金返済の目処が立たない…そんな時、破産という言葉を考えます。
正確には自己破産と呼ばれ、裁判所にその旨を申請して許可をもらうというものです。
破産のイメージは良くないと考えている人が多いですが、法律に則った正式な手続きになります。

書類の作成や申請は弁護士や司法書士に相談することでほとんどは問題ありませんが、問題は、どうして自己破産に追い込まれるまでになってしまったかということです。
仕事がうまくいかず、病気をしてしまった等、その理由はさまざまですが、そのすべてが認めてもらえるわけではありませんので注意しなければなりません。
自己破産の場合、一部条件はあるものの、税金などの公的なものを除き借金の免除が認められます。

しかし、ギャンブルや賭け事などで浪費したことが理由になる場合は認められないことが多いです。
要は、自分勝手に娯楽をした結果だった場合はいけませんということになります。

では、どこまでがいけないのかは裁判所の判断となるため、個人ではなかなか分かりませんし、弁護士にも分からないのが現状です。
次に、破産時には財産を処分して債権者に割り振られますが、その際、債権者の申告や金額などに虚偽の内容があった場合も当然ながら認められません。
自己破産時の財産の分与は平等に行われなければならず、1社だけは自分が別途お金を返すといった都合のいい選択をすることができないのです。

その他、虚偽や隠蔽などが発覚すると、借金の免除が認められない傾向にあります。
自己破産を申請する場合、最長で1年程度の期間を必要としています。

これは、申請されたものが本当かどうかを調べ、免除が適切かどうかを審査するためでしょう。
借金返済が難しくなったら自己破産を申請すると同時に、それから先の生活再建に向けてどうすればよいかをしっかりと考えるようにしましょう。

借金返済地獄体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA