特定調停による借金返済のメリットとデメリット。

個人再生や任意整理という申請が多くなり、あまり見かけなくなった借金返済方法の一つに特定調停と呼ばれるものがあります。
これは、任意整理とほとんど同じパターンで返済を楽にしようというものですが、違う点は裁判所に申請を出すという点です。

特定調停の申請を裁判所へ出すと、調停委員が決定され、その人が債権者と借金返済にかかる交渉をしてくれます。
メリットとしては、裁判所に直接申請をすることができるという点です。
弁護士や司法書士に任意整理をお願いすると、借金返済は楽になっても、それらの作業に対する報酬が必要になります。

しかし、特定調停では申請自体を自分で行うことも可能なので、調停にかかる費用を節約できるということなのです。
しかし、申請が通るまで借金の取り立ては止まらないという問題点もあります。
申請を通すには少々時間がかかり、その間にもお金は返し続けなければならないのです。

また、裁判所への申請とはいっても、業者が特定調停に対して応じる強制力はなく、無駄に終わってしまう場合もあります。
その場合は返済にかかる遅延損害金が発生することもあり、さらに返済が苦しくなることもありますので注意が必要です。

現状として、特定調停を申請し、本当に有利になったケースというのはあまり多くないという話もあります。
申請費用を節約するのがいいのか、弁護士費用がかかってでも確実に借金返済を楽にするのがいいのか、良く考えて選択をするといいでしょう。

借金返済地獄体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA