車検のために親から借金した体験談をお話します。

昨年の年末は大変でした。
忘年会や冠婚葬祭が重なり予定していたよりも出費が大きく生活がやっとの状態でした。
そんな中、年が明けてすぐに自家用車の車検が近づいてきましたが、正直この車検を通す費用が厳しい状態になっていました。

車検費用を支払うと生活費がピンチに、仕方なく両親から車検の費用を少しだけ借りました。
何とか車検を通すことができて一安心でしたが、問題は両親から借りたお金をなるべく早く返済しなければならないこと、やはり身内と言えどもしっかりお金の管理は行わなければならない、ちょっと厳しい生活でしたが、給料が入った時に一括で返済しました。

一括での返済だったので、正直その月の生活は本当に厳しかったです。
借金は約10万円、それを次の月に一気に返済したために、次の給料日まではカツカツな生活で頑張っていました。
大好きな酒も極力飲まない、もちろん飲み会はかなりお金がかかるのでその月は一切行かないでいました。

もちろん外食も控える、そして一番こたえたのが昼食でした。
いつもは弁当を購入していたのですが、弁当の費用を抑えるために自らおにぎりを作って毎日昼に食べて昼食代を節約していました。
今思い出してもよく頑張った一ヶ月になったと思います。

借金返済地獄体験談

小規模個人再生が実現する条件とは?

自分が負ってしまった負債などを返済することが困難になってしまった場合、個人再生などの方法を用いて返済金額を生産することができるようになっています。
しかし個人再生を行うためには複雑な手順が必要になっているため、返済できなくなったら個人再生をすればいいというように、簡単に考えてはいけないものです。
個人再生が行われる中でも、特に多くの人が行っている個人再生の種類が、小規模個人再生です。

小規模個人再生を実現させるための条件について、事前に理解していれば、個人再生が必要な状況になったとしても、適切な判断を行うことができるようになるでしょう。
小規模個人再生を受けるために最初に必要になることは、裁判所からの申し出にあります。
裁判所が、返済したいけれどもその手段が存在しないという弁明を行うことによって、はじめて小規模個人再生という手段が認められるようになるのです。
また小規模個人再生を受けたからといって、それ以降返済を行わなくていいというわけではありません。

個人再生を受けることによって、最低100万円以上で最終的に返済するべきだった金額の20%以上の金額を3年間かけて返済していかなくてはならなくなります。
その際の返済計画なども提出しなくてはならないため、個人再生を利用することは、大変難しいものになることは間違いないでしょう。
また小規模個人再生を行うための前提条件として、一定金額以上の積立金が必要になるケースも存在しているため、合わせて確認しておくことが、より確実です。

借金返済地獄体験談

食パンの耳だけを食べて借金を返済する生活の体験談。

とても大変でした。
でも三年前の借金はやっと終わったのです。
何とか完済できました。
もちろんいろいろと苦労はしてきましたが、やっと完済できたのです。

一人暮らしをしていたので、全くお金がありませんでした。
でも田舎の両親には絶対に迷惑をかけたくないと思っていたので、私はキャッシングをしたのです。
そのせいで、私は辛い生活をしてきました。

昼間は職場で働いて、夜にはコンビニでアルバイトをするようになったのです。
こんな生活が続いたのは三年間でした。
寝る時間もなくて、本当に大変だったのです。
でも私は何とか生活をしてきました。

食パンの耳だけを食べていた事もあります。
食事もできなくて、豆腐だけを食べていた事もあるのです。
でも私は何とか頑張ってこれたのです。
借金を返すために、何とか頑張ってこれたのです。

毎日毎日働いてばかりでした。
それでも元気でいられたのは、友人のおかげでしょう。

食べ物を差し入れしてくれたり、着なくなった洋服もくれたのです。
そんな心遣いがとても嬉しかったです。
なんとか借金を返すために、買い物もしてこなかったのです。
でも友人がいろいろと助けてくれて本当に良かったと思います。
友人に支えられて、何とか借金も完済できたのです。

借金返済地獄体験談

FXで借金返済生活に。督促電話が恐怖だった体験談。

私にはいくつか借金がありました。
銀行から1社、カード会社から1社です。
借金の合計は200万円弱で、毎月の返済額は5万円でしたが、当時は事務職だったのでこれが最低限の返済額でした。
私は一人暮らしをしていたので家賃と光熱費と借金の返済を支払うと給料はほとんど残りませんでした。

私の借金の原因はFXです。
海外旅行によく行っていたので外貨のことは詳しいつもりで安易な感覚で手をだしてしまいました。
当然負けが続き、負けず嫌いな性格が災いしてとうとう借金をしてFXをするようになってしまったのです。
今ではやめましたが、たまにFXで一発当てられたら、と思い取引ページにログインしてしまいそうになることはあります。

生活がいっぱいいっぱいなので少しでもイレギュラーなことが起こると全く首が回らなくなってしまいます。
特にきつかったのが忘年会、新年会シーズンです。
会社の飲み会は半強制的なうえ、費用は自己負担なのです。

借金を理由に飲み会を断るなんてできません。
そのまま二次会なども付き合いで行くと簡単に一日で1万円なんてなくなりました。
そんな時はどうしても借金の返済が滞ってしまいます。

そして督促の電話がかかってくるのです。
電話番号はいつも同じではありませんでした。
一度友人と居るときに知らない電話番号からかかってきて、出たら督促の電話で無下に切るわけにもいかず、本当に大変でした。

借金返済地獄体験談

女に貢ぐために借金返済地獄になった体験談。

私はとあるスナックで女性と知り合いになり、その女性の事が好きになってしまいました。
ですが女性はなかなか私の方を向いてくれないので、いろいろプレゼントして気を惹こうとしました。
宝石やブランドのバッグなど、彼女が欲しいと言った物はすべてプレゼントしました。

その内私の貯金が底をついてしまい、それでも私は借金をして彼女に貢ぎ続けたのです。
しかし突然その彼女がいなくなってしまったのです。
色々と手を尽くして探してみたのですが、結局見つかりませんでした。

彼女に逃げられた私に残ったのは、多額の借金だけだったのです。
借入は一か所だけでなく、複数の消費者金融からしました。
私は毎月の収入から少しずつ返済していったのですが、借り入れた金額が多額だったのでいつまでたっても返済が出来ませんでした。

消費者金融からは督促の手紙が届き、私は支払いに追われる生活になってしまったのです。
複数の金融機関からお金を借りていましたから、他にお金を貸してくれる金融機関はありませんでした。

そこで私は借金を返済するために、知人や友人の所を一軒一軒回り、頭を下げてお金を貸してもらいました。
そのおかげで何とか、消費者金融から借りたお金は返済する事が出来ました。
ですが今度は知人や友人に借りたお金を返さなければならないので、結局は借金地獄から解放されはしなかったのです。

借金返済地獄体験談