借金を繰り返す人間の特徴は?

借金を繰り返す人間はお金に対する意識が低いことが多く、生活習慣やこれまでの人生経験などが原因で起きやすいです。
お金を手に入れる方法は多く、アルバイトなどの仕事で稼ぐことやギャンブルなどをして運に任せることがあるためこれまでの経験などが関係するため責任を持って考える必要があります。

借金は会社や銀行からすることができ、利用するためには収入を安定させるなどの条件が求められます。
お金は様々な目的で使えるため簡単に手に入れる方法を考えやすいもので、キャッシングなどを繰り返すと金銭感覚を麻痺して、自己破産など、取り返しがつかなくなることが多く注意が必要です。

借金をする目的は人それぞれですが、今後の生活に活かせるように目的を考えなければ、失敗をする可能性があります。
キャッシングやローンは借りた金額に利息が発生するため安易に使わないように心がけ、滞納をすれば信用情報機関に記録されるため新たにお金を借りれないなど、今後の生活に影響があるため注意が必要です。

借金を繰り返す人間の特徴はお金に対する認識が甘く、簡単に手に入るを錯覚することに起因することや無責任な考え方で行動する癖があります。
借金をしやすい人間は目先のことだけを考えて行動する傾向があり、今後の収入の状況を正しく把握していない場合が多いです。

借金返済地獄体験談

ゲーム課金がもとで借金する人が増えている!

昔はゲームと言えば家のテレビで楽しむ物でしたが、今は高性能な携帯が普及したことで、随分状況が変わりました。
スマホなどの携帯電話でもプレイ出来るようになった事により、遊戯人口が飛躍的に増えていると言えます。
更にゲーム人口を増やした一因となっているのが、無料で始められると言う事です。

昔は最初にお金を出して買っていましたが、今は無料で始められるものも増えたので、入り口でのハードルが低くなりました。
無料ならばやってみようと言う事で、多くの人がゲームの世界に足を踏み込むようになりました。
ところがこの無料のおかげで、借金をする事になってしまっている人たちがいるのです。

無料ゲームは最初は無料なものの、プレイ内容が佳境に入ってくると課金をしないと楽しめないものが多くあります。
この頃になるとドップリはまっていますから、課金をしないと気が済まないようになっており、自然とほとんどの人が課金をしてしまうのです。
課金と言っても一度で済む場合は少なく、何度も何度も課金をしないとプレイを楽しめません。

なのでどんどんお金を注ぎ込む事になり、気が付いた時にはお金が無くなっていると言う事も良く有ります。
それで仕方なく借金をしてしまうケースが少なくはありません。
たかがゲームと思っているとどんどんお金が無くなってしまい、借金をするまで追い詰められてしまう事もありますので、ハマっている方は十分注意が必要です。

借金返済地獄体験談

身近な人から借金するメリットデメリットと人間関係の悪化。

お金と言うのはあっという間に手元からなくなってしまう物で、そうなると借金をしてお金を得なければいけなくなるのです。
借金をする場合、借り先がいくつか考えられます。

一番簡単な借り先としては、親や友人などの身近な人が挙げられます。
見知った親や友人ならば、お金を貸してと頼んだら、大抵は貸してくれるはずです。

身近な人から借金をした場合のメリットは、利息を取られる事がなくて返済期限がない所だと言えます。
利息にしても返済期限にしても、借金をした場合の負担となる物ですから、この両方がないと言うのは大きなメリットであると考えられます。

ただ身近な人から借金をした場合でもデメリットがあり、それは人間関係を悪化させてしまう恐れがあるという事です。
利息や返済期限がないからと言って、いつまでも借りたお金を返さなかったり、度々借金を頼んでいると、幾ら身近な人と言えども腹が立ってきます。

それで人間関係がこじれ、縁を切られてしまう恐れがあります。
ですから人間関係をおかしくさせないために、借金は消費者金融などの金融機関から借りた方が無難です。

しかし金融機関から借金をすると、借りたお金に利息が付され、更に返済期限もあります。
結局お金はどこから借りてもメリットデメリットがあり、借金なんてものは出来るだけしない方が良いと言う結論に辿りつきます。

借金返済地獄体験談

借金踏み倒しの武勇伝を聞かされています。

私の職場は小規模の不動産事務所です。
職場には、営業社員数名の他、普段は家賃管理をしている中年の女性事務員さんがいます。
私はその事務員さんと比較的仲がよいのですが、飲み会になるといつもその方の昔の借金踏み倒しの武勇伝になってしまうのです。

昔、その女性事務員さんは恋人と消費者金融各社から多額のお金を借りて遊んでいたという内容です。
総量規制がなかったころですし、その総額は300万を超える借金を平気で繰り返す事務員さんたち、手に入ったお金はパチンコや競馬などで遊び歩き、夜は居酒屋で飲食を繰り返し、家に帰ったら大量に購入したゲームソフトで遊び倒すという豪快な生活を送っていたとの事でした。

もちろん、消費者金融はプロの貸金業者ですから、度重なるコールに加えて、取立ての訪問を繰り返します。
しかし、そのような請求をいくら繰り返されても手元に返済金はありません。

過激化する取立てに辟易した二人は、その住宅を放り出してしまい、知人のアパートを内緒で借りて移り住んだそうです。
当然住所は不定のまま足跡が途絶えるわけですから、訴訟を起こそうが取立てに向おうが居場所がつかめません。

結局5年10年と経ち時効を迎えたというものです。
現在ではその恋人とは別れてしまい、マジメに事務員さんとして働いています。

しかし、将来設計も家族も全て放り出せば借金からは意外と簡単に逃げ出せるものなんだろうと考えさせられたお話でした。
現実に、普通の人がそのような行動は中々取りにくいと思いますが、聞いていて面白いので飽きませんでした。

借金返済地獄体験談