借金をしてしまう、借金癖のある人の特徴とは?

借金をしてしまう人には特徴があると言われています。
それは遊びが好きであり、貯金をすることに興味がない人です。
自分を楽しませることは悪くない事ですが、その限界を自分で自覚できない人が問題となります。

多くの場合、借金をしてしまうと後で取り返しのつかないことになるかもしれないと不安な気持ちが増大してきます。
一時的に失敗して多くの金を使ったのであれば、そこから節約をしながらお金を確保し立ち直ることは可能なはずです。

ところが、借金をしてしまう人はその傾向が何度もあり、一度反省したのに同じような状況になると、また借金を選ぶようになります。
知り合いからお金を借りると、後に人間関係がおかしくなってしまう可能性があるため本来は避けるべきですよね?
ところが、借金が苦にならない人は多くの人からお金を借りてしまう傾向があります。

そのような状態を避けるためには、お金を借りる最初の段階を気をつけるべきです。
最初は些細なことでお金が必要でお金を借りるようになり、その後でちょっとしたイベントがあったりして必ずお金が必要な状況に迫られ、更に借金が増えます。
このようなサイクルで借金がどんどん増えていく可能性が高いため、最初の段階でよく考える時間が必要となります。

お金をすぐに借りてしまう人のクセ

人には癖があります。
良い癖、悪い癖。
様々なものがあります。
そして、借金癖と言うのもある様です。

決して借りようと思ってやっている訳ではないのに、なぜかお金が貯まらない。。
借金をしてしまうと言う傾向性を持っている人はいます。
それは浪費癖とは違うものなんです。

私の知り合いも、私と同じ様な収入があるはずなのに、お金が貯まらずに、お金を借りてします借金癖のある人がいます。
ある日、私はなぜそんなに借金をしてしまうのかを聞いてみました。

まず一つは、カードと言うのは、私はよほど大きな買い物以外は使う事はありません。
ところが、その友人は大きな買い物はおろか、日々の食費などの支払いもカードを使用していると言う事でした。

もう一つは、今の時代、給料が年々、昇給し、毎年、夏と冬にボーナスが出ると言う会社は一昔前か大企業の話だと思います。
今の時代は、給料も減給されるケースも多々あり、ボーナスも出ない会社は多いです。
しかし、私の世代はそういった経験を当たり前の様に経験された世代が多いので、見込みでカードを使い、結果として多重債務と言った結果に陥る形が多い様です。

カードやネットマネーなど便利になった分、便利さゆえにちょっと間違うと、大きな借金返済を抱えてしますます。
便利な世の中ですし、不安定な世の中だからこそ、今の自分の背の丈を知る事も重要です。
支払いに困窮したら、大火事にならないうちに、法律事務所への相談をするのが賢い方法です。

自分一人だけで悶々と、借金返済に悩まないと言う事です。
私の友人も債務整理をしてから、お金に対する価値観が変わった様です。
心が軽くなり、前を向いて、借金癖を克服した様です。

返済できなくなる人は借金癖を直そう

支払いができなくなるというのは、借入を重ねてしまうという部分にもなると思います。
借金返済できないときの原因には、1つの会社ではなく、複数の会社から借入をしてしまう、何度も借りてしまう癖があるということが多々あるのです。

お金を借りたら利息があります。
多くの会社から借りてしまう借金癖があると、総額が増えて利息もそれにともなって増えていきます。
返済金額のトータルも相当なものになってしまうことがあります。

そして、借金を返すために借入をしていくというケースも中にはあると思います。
そういうサイクルを重ねてくと、とうとう返せないという状況になってしまいがちだと思うのです。
つまり、どういう状況であっても、できるだけ借金に頼らないという習慣や癖をつけていくということが大切です。
新規の借入を重ねない癖をつけていくことが、最終的に返していくうえで非常に重要になっていくと思うのです。

借金癖を克服して、利息のかからない賢い方法でお金を捻出していくようにしましょう。
知り合いに借りたり、節約でお金を浮かせたり、家にあるものを売ったりといった方法で、お金を作って返していくと、より支払いがスムーズにいくと思います。
それに完済後も新たに借金返済でまた悩むことも少なくなると思いますから。

借金返済地獄体験談

奨学金300万、借金返済できず自己破産した体験談。

私はかつて300万以上の借金を抱えていたことがあります。
といっても、消費者金融やクレジットカード会社から借りていたわけではありません。
この借金はいわゆる、奨学金と言う奴です。
実家が貧乏で、学費を捻出できなかったのです。
奨学金300万。
金額も大きいです。

奨学金300万?と馬鹿にされる方がおられるかもしれませんが、今の奨学金は本当にえぐいです。
3ヶ月ほど延滞したらすぐに信用情報機関に登録したり、延滞したら年利10%の高利をかけてきたり。
裁判になっても、消費者金融とは違い柔軟に減額してもらえなかったり、20年ほど前の、踏み倒し放題の奨学金とは比べ物になりません。

私はこの借金300万を、社会に出てすぐに背負うことになりました。
就職が出来ていたら、そこまで返済に苦労することはなかったかもしれませんが、私は就職できなかったので、返済生活は厳しかったです。
結局払えず、自己破産してしまいました。
こんな私のような、奨学金で苦しんでいる人間が今の日本にはごろごろいます。
本当に恐ろしいことです。

人間、生きていくだけでもある程度のお金がかかるのに、その上返済がのしかかってくるのは、本当にたまったものではありません。
これがギャンブルかなんかで背負ったものなら、まあ諦めもつくのですが、ただ大学で勉強しただけで300万の借金を背負うのですから。

アメリカでは、学生ローンが大統領選の主要テーマのひとつになったほどです。
日本でもそうなってもおかしくないほど、この奨学金という借金はきついのです。
正直、私はもう2度と借入をしたくありません。
それくらい、この借金はいやなものでした。

夫の借金(奨学金)返済

一般的な借金とはすこし種類が違うかもしれないのですが、結婚後夫婦で夫の奨学金300万の返済をしています。
返さなければいけない奨学金があることは結婚前から知っていたのですが、実際に毎月の家計から数万づつを返済に充てなければいけないことや利子のことなど深く計算したことがなかったので「300万もの借金をしている」「返さなければいけないお金がある」って本当に大変だと今実感しています。

わたし自身は大学の学費は親が出してくれていたのですが、学生時代自分のまわりにも奨学金を使っている人が多くいたので、それが借金だという意識がなかったのです。
でも結婚してからその返済しなければならない300万という金額を聞いて、毎回毎回元本だけでなく利子も含めて支払いをしなければいけないことがやっとわかりました。
いくら勉学の為とはいえ学生自体のこととはいえ奨学金も借金なんだなと実感しました。

当たり前の普通の学生生活を送っていた人が社会人になった途端に300~400万の負債を負っているんだからすごいですよね。
今のところまだ夫婦二人の生活なので、どうにか返済も滞りなく進んでいますが順調にいっても完済は何十年もあとになってしまいます。
これから家族が増えたら、彼が働けなくなったら等のことを考えるととても不安です。
最悪の事態となれば、自己破産するしかないかもと、考えています。

借金返済地獄体験談

働けど働けど楽にならず、借金200万・400万の体験談。

我が家は共働きの子無し家庭。
稼ぎは夫婦合わせて月45万円程あります。
本来ならば余裕で生活できる金額です。
なんなら、家だって買えちゃうと思います。

しかし、うちには借金があります。
かれこれもう6年近く返済を続けているでしょうか。
この借金のおかげで、45万円稼いでいても、働けど働けど1円も残らないギリギリの生活を送っているのです。

「働けど働けど我が暮らし楽にならざり じっと手を見る」
というのがあったと思いますが、まさにそういう心境です。
はあ。。

ことのはじまりは夫でした。
ある日スーツのポケットから見つけた明細書。
『借入残額199万9千円』。唖然としました。
夫に問いただした所、この他にも実は…といった感じで総額400万円の借金をしていることが判明。
こうして我が家にはある日突然400万円の借金が出来てしまったのでした。

この時、もう借りないという夫を信じ、一緒に返済していくことを選んだのが間違いだったのかもしれません。
3年で400万の内、200万円を返し、残り半分頑張ろう、と思っていた矢先にまた夫の借金が判明。
働けど働けど、金額は、またも200万円。
とうやく200万円返したはずなのに、借金が400万円になったのでした。

それでも夫を信じ、返済していくことに決めた私。
馬鹿でした。
さらに2年後に200万円の借金が発覚。
こんな感じで、働けど働けど1円も使っていない数百万の借金を返済し続るはめになったのです。

現在は、貸付自粛制度という制度を利用して、夫が一般の金融会社からは借り入れができないよう手続きしています。
このまま何もなければあと5年ほどで返済が終わる予定です。
お金持ちではなくてもいいから、早く借金のない生活を送りたいものです。

借金返済地獄体験談