お人好しの両親が保証人になって借金地獄におちいった体験談。

私の両親はお人良しと言うか、人が良過ぎるのが欠点です。
そんな両親は数年前お金に困っていた知り合いの連帯保証人になって、多額の借金を肩代わりすることになってしまいます。
当時まだ子供だった私は突然暮らしていた一戸建てから、狭いカビ臭いアパートに引っ越すことになって驚きました。

今となってはどうしてその様な暮らしになったのか理解できますが、その時は両親が理由を一切話してくれなかったので訳が分かりません。
それまでは専業主婦だった母までもが働き始め、子供心ながらに不安な毎日を過ごすことになった私。
両親が毎日休まず何かしら仕事をしている姿を見て、倒れたりしないかと凄く心配しました。
「大丈夫だよ」と言う両親の表情を見ても、とても大丈夫そうには見えなかった記憶があります。

両親が連帯保証人になって借金をするまでは所有していたテレビゲームや漫画は、古本屋や中古ゲーム買取店に売られてしまいました。
友達皆がゲームで楽しんでいましたが、私はずっとゲームと縁の無い生活になったんです。
家から電話も無くなっていましたし、夜20時には明かりを消して寝る地獄の生活。

食事も一日2食というのが何年もの間続きましたし、お菓子を買ってもらった記憶もありません。
近所の古着屋さんにて数百円で買ってもらった洋服、それを着て学校に通うのも辛かったです…。
借金地獄の過酷さを今振り返るだけでも泣けてきます。

ただそれでも両親は希望を捨てずに前向きに生き、しっかりと借金を返済してのけたので尊敬しています。
二度と辛い地獄は味わいたくありません。
今後は連帯保証人等には絶対にならないで欲しいです。
切実な願いです。

借金返済地獄体験談

苦しくても借金返済は自分の責任で行う?

借金を返すのが苦しくなってきたら、さまざまな方法で支払い手段を変更することも可能ですが、最後はすべて自分で責任を負うことになります。
ここでいう責任とは、金銭的なものではなく、返すという行為について責任を負うということです。
お金の面に関しては、もちろん自分で返すのが基本ですが、万が一の時には両親などの協力を得られるような場合、そこで完済できるということも考えられます。

しかし、両親に返してもらえたから、また借りられると、再度借金に走ってしまう人がいるのも事実です。
その上、一気に返されたとなると、金融業者も返済をしっかりしてくれると思い、再度営業をしてくる可能性もあります。
そのため、大きな買い物のタイミングと重なってしまうと、再び借金生活になってしまうことがあるのです。

また、友人に借金のことを相談する人がいます。
もちろん、相談することは悪いことではありません。
しかし、よほどのお金持ちではない限り、フォローしてもらえることは少ないのが現状です。

この事例を見ていて分かるのは、結局は自分が最後は責任を負って返済をしなければならないということです。
お金の都合は、最悪の場合何とかなります。

しかし、借金返済をする!という強い気持ちを持つのは自分であり、決して両親や友人ではないのです。
借りる前にこれから先のことが分かっていれば、もしかしたらお金を借りなかった可能性もあります。

しかし、借りてしまった以上、自分に責任は発生します。
返済するという強い気持ちを持って、完済、それから先のこともしっかりと見据えて計画を立てたいものです。

借金返済地獄体験談

年金生活者が借金するときに注意すべきポイントとは?

夫婦で年金生活を送っている人が、借金をする場合には注意が必要です。
(夫婦じゃなくてもですが)
借金と言っても、お金を借りると言う行為以外に、クレジットカードのリボ払いといった方法も、これに類するものである事を忘れてはなりません。

年金生活で夫婦つましく生活を送っていて、思い出のために海外旅行などをし、それをクレジットカードのリボ払いや分割で支払う。。
そういった事は、借金と言う意識なくよく行われています。
旦那さんの厚生年金と奥さんの基礎年金で、こうした借り入れをしても十分生活が成り立つと考えられているからです。

何も無計画に借金をしたのではなくとも、旦那さんが亡くなると事情が変わってきます。
収入は遺族年金と奥さんの基礎年金だけになります。
収入は60%程度に大幅にダウンしてしまい、月々の支払いに行き詰る事が考えられるのです。

旦那さんが生命保険に入っていても、年金生活者の多くは、葬式代程度しか加入していないのが普通です。
生命保険で借金返済を一括でする、という事もできない事が多いのです。
もちろん、借りている金額にもよりますけれど。

こうして借金地獄などとは無縁だと思われている普通の人でも、返済に苦しむケースが意外と多いのです。
現役世代なら、頑張って収入を増やす事も可能かも知れませんが、高齢の年金生活者ではそれもままなりません。
こうした思わぬ状況に陥らぬために、年金生活者が広い意味での借金をする場合には、十分な注意が必要だと言えるのです。

借金返済地獄体験談

クレジットカードの枚数は借金している数、使い過ぎれば地獄です!

電子マネーへのクレジットカードチャージでポイント二倍どり!
複数枚カードのやり繰りで賢い陸マイラーに!
巷に溢れるそんな文句に踊らされ、クレジットカード依存になって、次々と契約。
カード毎の審査はあれど、合計すれば支払い能力を優に超える限度額を財布の中に収納し、街に繰り出しては魔法の言葉「カード払いで」を唱えまくる日々…気づけばそれなりに蓄えがあったはずの預金口座は空。
予備の口座も空。
月末を乗り越えても十日支払いのカードも三枚持っている。
給料日までははるか遠い。
そもそもクレジットカード依存していたので、いくらでもお金が湧いてきていたものだから全然シフト入れてない。

箪笥の奥に眠っていた、いつかの旅行で余った外貨を両替して何とか現金を作る。
手数料引かれて雀の涙。
そこでマウスを伸ばす「分割払い」のリンク。
「あとから分割」「あとからリボ」。

膨らむクレジットカードの手数料と利息。
利息!?
まさかこれって、借金ってやつ?
ヒィイ、嘘だあ。

分割したから、月々の借金返済は大した額じゃないはず。
すぐ返せる。
ちょっと働ければすぐ返せる。
日にちがないから給料は悪くても日払いでもらえる仕事で。それでも一週間も働けば何とかなるだろう。

交通費が出ない?
現金はない。
限度額がいっぱいだからクレジットでICカードにチャージもできない。
クレジット=信用⇒借金。
信用がないってこと。

猿でも作れるなんて馬鹿にしてたカード会社の審査にすら通らない。
クレヒスが傷だらけ血まみれの大参事。
電車に乗るお金もないんじゃ職場に行くことすらできない。
働くことができないんじゃお金はつくれない。

派遣会社に電話。
前借りはできませんか。
できません。
そういえばこの電話の料金はどのカードから落ちるんだっけ。
いや、落ちないんだっけ。

借金返済地獄体験談

ギャンブルで借金100万!返済できず辛いです。。

二十歳のときに消費者金融で借入をするようになってから、お金を借りる癖がついてしまいました。
何度も完済するもまた借りるの繰り返しを10年間続けました。
一時期最大100万円まで膨れ上がったこともあります。
借金が0円だった年はなく、ほぼ毎年利息を返済していました。

毎月給料が入ると利息を払いにATMへ行き、お金が足りなくなるとまたATMへと向かいました。
最初の借金の原因は大学時代にはまったギャンブルでした。
その後は就職してボーナス後などは、まとまった金額を返済するようになりましたが、結局またギャンブルが原因でお金を借りることが多く、しまいには借りたお金で旅行などに行く始末でした。
就職して働いていたこともあって今日明日食うことに困るようなことはありませんでしたが、お金を自由につかえることもなく、常に財布の中を気にしていました。

30歳になる頃にはギャンブルもようやく飽きてきて返済が進み、借入残高が減るようになり、ついに借金100万を完済することになりました。
振り返ってみると本当にもったいないことをしたなと感じています。
100万の借金返済を抱えている間はつねに小さな不安を抱えていました。
病気になったらどうしようとか、他人からどう思われているのだろうとか、常に頭の中に小さな黒い雨雲が浮かんでいるような気分でした。

しかし現在は安定をとりもどし、すっきりした気分になることができました。
賢い人は、借金などするものではありません。
皆さんもどうかつまらないことでお金を借りないようにしましょう。

ギャンブル好きで借金した結果の返済生活

借金をしている人の数は増えていると予想できます。
なぜかというと世の中はひどい不景気だからです。
アベノミクスの影響で景気は上向いていると主張する人もいますが、実際にアベノミクスの恩恵を受けられている人は、ごく一握りに過ぎません。
大半の人は不景気にさらされているため、借金をしなければならない状態に追い込まれる可能性も高いです。

私はギャンブルが大好きでした。
友人などとお金を賭けてオールナイトでマージャンをする時は、夢のように楽しいです。

パチンコ店には仕事が休みの日には必ず行っていました。
旅行会社で正社員として働いていたのですが、勤続3年で上司と揉めて辞めてしまいました。

そこで収入が途絶えてしまったにも関わらず、今までやっていたギャンブルを同じように続けてしまいました。
そのギャンブルに必要なお金は、消費者金融から借りることによって調達していました。

そしてその借金の返済に今も苦しみ続けています。
いくら返しても、いつまでも利息分しか支払いできていません。
ギャンブルは止めましたが、なかなか元本の完済に届きません。

借金返済がここまで辛いものだとは思っていませんでした。
甘くみていました。
もう少し賢い人間だったらと後悔しています。
けれども返すしかないため、前を向いて返済を続けていくしかないと考えています。

ギャンブルにハマって彼女に借金

僕は29歳男性です。
5年ほど前に付き合っていた彼女と色々と借金返済トラブルがあった時の話です。
僕は20歳の時にバイト先の先輩に連れられてパチンコを初めてした事がきっかけでギャンブルにハマり、お金をあまり貯めずに休みの日はダラダラとパチンコをするような堕落した生活を送っていました。

その時にできた彼女をパチンコに連れて行き一緒にハマってしまい、時には彼女から借金してまで打つことがありました。
極力給料が入ったらすぐに返済するようにしましたが、2人してギャンブルで負けに負けて1日で彼女に5万円も借りてしまました。
また翌日にちょっとでも負けを取り戻そうとして3万円借金して負けたりしました。
彼女も自暴自棄になり絶対に返済してよ!といいながら何回もATMでお金をおろしながらも貸してくれました。

そして僕はその頃、建設業の仕事をしていましたが、ひとつの現場が終わると次の仕事がなくなり収入源がなくなってしまい、彼女になかなかギャンブルの借金返済ができなくなりました。
更に携帯代を借りたりして、ついには30万円近い金額を借りてる事がわかりました。
彼女はカンカンで、彼女のお父さんから連絡があり至急返すように言われ、本業がない間はアルバイトで凌ぐしかなく、時給の高いパチンコ屋でフルタイムで休む暇なく働き3ヶ月でなんとか借金を返済しました。

それでもお金にだらしない男と文句を言われ結果別れました。
今はまた新しい正社員の仕事をしながらもギャンブルはやめられていません。
あまり貯金もない生活をしているのでいい加減改めてちゃんとした生活をしないとまた同じ過ちをしてしまいそうなので今年から本腰を入れて頑張りたいです。

借金返済地獄体験談