ギャンブルで借金100万!返済地獄で辛いです。。

二十歳のときに消費者金融で借入をするようになってから、お金を借りる癖がついてしまいました。
何度も完済するもまた借りるの繰り返しを10年間続けました。
一時期最大100万円まで膨れ上がったこともあります。
借金が0円だった年はなく、ほぼ毎年利息を返済していました。
“ギャンブルで借金100万!返済地獄で辛いです。。” の続きを読む

借金返済地獄体験談

闇金で借りたら借金地獄どころか本当の地獄行き。

私は過去に借金地獄に落ちたことがあります。
しかし、債務整理で自己破産をして、自己破産の免責もおりて今では何とか復活しております。
最初に借金地獄って何か?というところを書いておきたいと思います。

借金地獄というのは、返済しても返済しても借金が減らずに、借金で首が回らなくなってどうしようもなくなり、人によっては正常な判断力が欠如してきて、死んでしまおうか、とか返済のために闇金からお金を借りてしまおうとか、そんなふうに考えてしまうような状態に陥ることです。

で、どうしてそんな借金地獄に簡単に陥ってしまうかというと、もう何でもかんでもカードとローンで買い物をしてしまう時点で冷静な判断力が欠落し始めているのだと思います。
私の場合もそうでした。
お金を貯めて買うより、手っ取り早クレジットカードで買ってしまおう、というところから地獄の入口は始まっていたと思います。

そして次のステップは、少し返済にお金が足りないから支払いをリボ払いに変えてしまいました。
それでも買い物を続けて、さらにリボ払いの返済額がどんどん増えていき、カードの限度額に達して新しいカードを作ります。

そんなこんなで、カードが3枚くらい限度額いっぱいで、また返済額が収入を超えてしまい、足りない分をカードローンで補ってしまい、その返済もリボ払いにしました。
その繰り返しで、カードも作れなくなって、返済も出来ずおしまいです。

私はそこですぐに自己破産に踏み切れたのが、いい選択でした。
そこで何も分からずに、うっかり闇金にでも手を出してジタバタしていたら、借金地獄どころか本当の地獄行きです。

借金地獄なんて簡単に落ちてしまうものです。
皆さんはくれぐれもお気をつけ下さい。

借金返済地獄体験談

浪費癖で借金地獄。もう何も考えられません。

私には浪費癖があり、そのせいで1年前に1社からお金を借りました。
そのたった1社から始まって、今はなんと5社からお金を借りてしまい、毎月返済に追われる借金地獄におちいっています。。
最初にお金を借りた頃は、月の給料も年収もかなりありましたので、浪費癖がっても問題は起きていませんでした。

その為に初めての利用に関わらず、かなり大きな金額を一度に借りる事ができました。
毎月の借金返済も問題ありませんでした。

2社目に手を出した頃も、まだ給料は高く、再び高額融資を受ける事ができました。
それなりに収入があったのですが、浪費癖のせいで、入れば入るほど派手に遊んでしまい、いくらお金があっても給料前には足りなくなるような生活でした。
ところが、2社目の支払いも初めてからしばらく、会社の業績が落ち、給料が大幅に下がってしまったのです。
業績が回復したらすぐに戻すから、とは言われていましたが簡単にはいかないと思っていました。

それでも長年染み付いてきた浪費癖はすぐには治りません。
2社分の月々の返済が困難になっていました。
借り入れ金額が、今までの年収の3分の1を超えていなかった事をいい事に、残りの枠で更に2社からお金を借りてしましたが、これが借金による地獄の始まりでした。

給料は元の金額には戻らないまま、月々入金額だけが大幅に増えてしまいました。
これ以上は借りる事すらできません。
大手での借り入れは、これ以上無理なので、ブラックでも貸してくれるような闇金融に手を出すしか無いのかと思っていますが、ますます地獄にはまるだけでしょうね。

今月支払いができなかったら、というか確実に返せません。
どうしたら良いのでしょうか。。
借金地獄で疲れ切って、もう何も解決方法を考えられなくなってきています。

借金返済地獄体験談

終わりが見えない借金地獄。返済の催促に恐怖を感じていました。

大人の人間なら借金をすることもあるのが普通です。
つまりしっかりとした計画性があれば、お金を借りても返済できるのです。
しかし中には、支払いができなくて大きな問題を抱える人間もいます。

私は過去に借金地獄を経験してその怖さを感じました。
その時は返済の催促で非常に落ち着かない状態でした。
また金融会社からの連絡は家族にもいくのでそこが嫌でした。

具体的には催促の電話や催促状が家に来て困りました。
そういった時に、自分は借金地獄という言葉の意味を心から知ることになりました。
また、借金地獄は返済しても続きがあることも知りました。
私の場合は、一つの借入先がなくなっても生活が苦しかったのです。

実際には、複数の金融会社やサービスでお金を借りていたので、数えられないような金額を返す必要がありました。
当然のようにそこには大きなコストも掛かっていました。
私はそういった状況になるような生活をしていたので、過去を反省して真面目に返済を続けました。

しかし借金地獄なので終りが見えない部分が恐怖でした。
私は限界になって債務問題のプロに相談したことがあります。
すると明確な解決法を提示してくれたので助かりました。

この相談の後は仕事や副業で稼いで地獄のような生活から脱出することができました。
借金地獄の原因は、身近なショッピングや趣味への出費でした。
今では趣味への出費は殆ど抑えるように決めています。

借金返済地獄体験談

借金地獄に苦しむ人の理由が酷い。

借金地獄で常に人にぺこぺこしながら、それでも生活を改善しない人を何人か見ています。
その内の一人は、親の借金が原因でした。
残りはいわば自業自得…と突き放しては、過酷な表現かもしれませんが、傍から見ていて、あきらかに原因が判明しているのに、それを改善しようとしないままで、私自身が貸したお金は縁切りと思って、そのまま連絡を取らないようにしました。
“借金地獄に苦しむ人の理由が酷い。” の続きを読む

借金返済地獄体験談