借金地獄の生活で貧しい食事。

借金が有り生活に苦労

毎日返済のためのお金の工面に奮闘しています。
借金地獄のデメリットが生活において大きく響いてしまい、支払いがあるために様々な苦労をしています。
借金地獄と他人に言うと意外にも驚かれてしまい、中には借金があるというだけで友達の縁を切ってしまう人もおります。

借入を作ってしまった理由、それはお金にだらしがないから、に尽きます。
真面目に生活をしていたつもりが、友達に頼まれてしまうと断れない性格であり、友達のために尽くして借金を背負うはめになってしまいました。
友達は、こちらが借金を作ってしまったと知るや否や、すぐに縁を切ってどこかへ消えてしまいました。
友達のためを思い借金をしたつもりが、私に残ったのは友達ではなくただ借金のみでした。

借金は消費者金融から借り入れています。
合計で200万円程度でしょうか。
借金地獄、との言葉を知ってはいても、株や事業経営に手を出さなければ縁が無い物だとばかり思っていました。
まさか友情から借金に繋がるとは、と今でも自分に呆れてしまいます。

借金地獄のために、毎日質素な食事をして、生活もあまり楽しめずにいます。
友達がゲームセンターで遊んでいても、自分はお金が無いから、と見ているだけで場をしらけさせてしまうことも。
いつか完済する時まで、質素に生活をして自分を省みようと思っています。

借金地獄で極貧生活

私は独身時代に結構な額の借金がありました。
当時は一人暮らしで給料もとても少なかったので、借金を返済したら全く生活に余裕はありませんでした。
まだ20代だったので友人の結婚式などの冠婚葬祭に呼ばれることも多く、借金を返済しながら他社から借金をするといった悪循環な状態でした。

友人の結婚式や会社の飲み会などがあった月は最悪でした。
もともと家賃や光熱費、借金の返済をしたら残るお金は2、3万円で、その中から食費などをねん出していました。

もちろん友人からの誘いなどはほとんど断り、いつの間にか私は付き合いの悪い人とされ、友人からは全く誘われなくなりました。
会社は副業が許されていなかったので副業などをして稼ぐこともできず、かといって就職困難な時代に転職する勇気もなく、とにかくお金をかけずに生活することがばかり考えていました。

まず一番削っていたのが食事です。
一日なるべく1食で過ごし、体が弱っていると思ったら2食目を食べると言った生活でした。
だいたい月の半分は1食で過ごしていました。

幸い実家からお米がおくられてきたので白米にはこまりませんでした。
ほとんど毎日白米ばかりたべ、たまに徳用で買ったウィンナーをおかずにしていました。
光熱費節約で家ではほとんど電気やガスを使わず、娯楽はもっぱら図書館で借りた本でした。

借金地獄で家族全員苦しんでいます

妻と子供がいるというのに、欲望にかられ借金を作りました。
それまではそこそこ良い生活をしていたために、妻は専業主婦、子供もやや贅沢を楽しんでおり、借金ができたからといって、突然生活レベルが下がることに妻と子供も耐えられないようです。

よその家庭は週末には外で食事をするのが当たり前。
それも、ファミレスではなく料亭やバイキング。

しかし我が家では借金地獄のために、食事は具のない30円のうどん。
栄養は偏り、子供は育ち盛りだというのにガリガリです。
給食でなんとか栄養が補えるのが救い。

妻は今更働きに出ようにも、就職先は無く、低賃金のパートも馬鹿らしくてできない、と金持ちとの再婚をほのめかす始末。
自分は、というと水筒に水を入れ、会社で喉を潤し昼食は無し。
朝は安売りのパンを食べ、夜は醤油すら無い卵かけご飯。

子供はよく動くために、すぐに靴がボロボロとなり、靴下にも穴が空き、服も擦り切れてしまうのですがまだ着れる、と服飾品を買い替えません。
妻は化粧をしなくなり、節約を強いられストレスからイライラするようになりました。
家庭を作るならばお金が無くては資格が無い、家庭を作ったならば幸せにしなければならず借金はもってのほか、と今更ながらも思います。

お金は幸せでもあります。
借金をしたばかりに家族全員が不幸となりました。

借金返済地獄体験談

ギャンブルで借金100万!返済地獄で辛いです。。

二十歳のときに消費者金融で借入をするようになってから、お金を借りる癖がついてしまいました。
何度も完済するもまた借りるの繰り返しを10年間続けました。
一時期最大100万円まで膨れ上がったこともあります。
借金が0円だった年はなく、ほぼ毎年利息を返済していました。
続きを読む

借金返済地獄体験談

闇金で借りたら借金地獄どころか本当の地獄行き。

私は過去に借金地獄に落ちたことがあります。
しかし、債務整理で自己破産をして、自己破産の免責もおりて今では何とか復活しております。
最初に借金地獄って何か?というところを書いておきたいと思います。

借金地獄というのは、返済しても返済しても借金が減らずに、借金で首が回らなくなってどうしようもなくなり、人によっては正常な判断力が欠如してきて、死んでしまおうか、とか返済のために闇金からお金を借りてしまおうとか、そんなふうに考えてしまうような状態に陥ることです。

で、どうしてそんな借金地獄に簡単に陥ってしまうかというと、もう何でもかんでもカードとローンで買い物をしてしまう時点で冷静な判断力が欠落し始めているのだと思います。
私の場合もそうでした。
お金を貯めて買うより、手っ取り早クレジットカードで買ってしまおう、というところから地獄の入口は始まっていたと思います。

そして次のステップは、少し返済にお金が足りないから支払いをリボ払いに変えてしまいました。
それでも買い物を続けて、さらにリボ払いの返済額がどんどん増えていき、カードの限度額に達して新しいカードを作ります。

そんなこんなで、カードが3枚くらい限度額いっぱいで、また返済額が収入を超えてしまい、足りない分をカードローンで補ってしまい、その返済もリボ払いにしました。
その繰り返しで、カードも作れなくなって、返済も出来ずおしまいです。

私はそこですぐに自己破産に踏み切れたのが、いい選択でした。
そこで何も分からずに、うっかり闇金にでも手を出してジタバタしていたら、借金地獄どころか本当の地獄行きです。

借金地獄なんて簡単に落ちてしまうものです。
皆さんはくれぐれもお気をつけ下さい。

借金返済地獄体験談

浪費癖で借金地獄。もう何も考えられません。

私には浪費癖があり、そのせいで1年前に1社からお金を借りました。
そのたった1社から始まって、今はなんと5社からお金を借りてしまい、毎月返済に追われる借金地獄におちいっています。。
最初にお金を借りた頃は、月の給料も年収もかなりありましたので、浪費癖がっても問題は起きていませんでした。

その為に初めての利用に関わらず、かなり大きな金額を一度に借りる事ができました。
毎月の借金返済も問題ありませんでした。

2社目に手を出した頃も、まだ給料は高く、再び高額融資を受ける事ができました。
それなりに収入があったのですが、浪費癖のせいで、入れば入るほど派手に遊んでしまい、いくらお金があっても給料前には足りなくなるような生活でした。
ところが、2社目の支払いも初めてからしばらく、会社の業績が落ち、給料が大幅に下がってしまったのです。
業績が回復したらすぐに戻すから、とは言われていましたが簡単にはいかないと思っていました。

それでも長年染み付いてきた浪費癖はすぐには治りません。
2社分の月々の返済が困難になっていました。
借り入れ金額が、今までの年収の3分の1を超えていなかった事をいい事に、残りの枠で更に2社からお金を借りてしましたが、これが借金による地獄の始まりでした。

給料は元の金額には戻らないまま、月々入金額だけが大幅に増えてしまいました。
これ以上は借りる事すらできません。
大手での借り入れは、これ以上無理なので、ブラックでも貸してくれるような闇金融に手を出すしか無いのかと思っていますが、ますます地獄にはまるだけでしょうね。

今月支払いができなかったら、というか確実に返せません。
どうしたら良いのでしょうか。。
借金地獄で疲れ切って、もう何も解決方法を考えられなくなってきています。

借金返済地獄体験談

終わりが見えない借金地獄。返済の催促に恐怖を感じていました。

大人の人間なら借金をすることもあるのが普通です。
つまりしっかりとした計画性があれば、お金を借りても返済できるのです。
しかし中には、支払いができなくて大きな問題を抱える人間もいます。

私は過去に借金地獄を経験してその怖さを感じました。
その時は返済の催促で非常に落ち着かない状態でした。
また金融会社からの連絡は家族にもいくのでそこが嫌でした。

具体的には催促の電話や催促状が家に来て困りました。
そういった時に、自分は借金地獄という言葉の意味を心から知ることになりました。
また、借金地獄は返済しても続きがあることも知りました。
私の場合は、一つの借入先がなくなっても生活が苦しかったのです。

実際には、複数の金融会社やサービスでお金を借りていたので、数えられないような金額を返す必要がありました。
当然のようにそこには大きなコストも掛かっていました。
私はそういった状況になるような生活をしていたので、過去を反省して真面目に返済を続けました。

しかし借金地獄なので終りが見えない部分が恐怖でした。
私は限界になって債務問題のプロに相談したことがあります。
すると明確な解決法を提示してくれたので助かりました。

この相談の後は仕事や副業で稼いで地獄のような生活から脱出することができました。
借金地獄の原因は、身近なショッピングや趣味への出費でした。
今では趣味への出費は殆ど抑えるように決めています。

借金返済地獄体験談