特定調停による借金返済のメリットとデメリット。

個人再生や任意整理という申請が多くなり、あまり見かけなくなった借金返済方法の一つに特定調停と呼ばれるものがあります。
これは、任意整理とほとんど同じパターンで返済を楽にしようというものですが、違う点は裁判所に申請を出すという点です。

特定調停の申請を裁判所へ出すと、調停委員が決定され、その人が債権者と借金返済にかかる交渉をしてくれます。
メリットとしては、裁判所に直接申請をすることができるという点です。
弁護士や司法書士に任意整理をお願いすると、借金返済は楽になっても、それらの作業に対する報酬が必要になります。

しかし、特定調停では申請自体を自分で行うことも可能なので、調停にかかる費用を節約できるということなのです。
しかし、申請が通るまで借金の取り立ては止まらないという問題点もあります。
申請を通すには少々時間がかかり、その間にもお金は返し続けなければならないのです。

また、裁判所への申請とはいっても、業者が特定調停に対して応じる強制力はなく、無駄に終わってしまう場合もあります。
その場合は返済にかかる遅延損害金が発生することもあり、さらに返済が苦しくなることもありますので注意が必要です。

現状として、特定調停を申請し、本当に有利になったケースというのはあまり多くないという話もあります。
申請費用を節約するのがいいのか、弁護士費用がかかってでも確実に借金返済を楽にするのがいいのか、良く考えて選択をするといいでしょう。

借金返済地獄体験談

債務整理におけるメリット・デメリットは?

どうしても借金返済ができない…最近は景気の悪化や会社の経営状態がよろしくなく、仕方なく債務整理を行わざるをえない人が多くなってきています。
しかし、借金が膨らみ、生活ができないのであれば、避けては通れない道です。

もちろん、法的な処理ですから、犯罪者になるというわけではありません。
しかし、どこかで返さなくてもいいという精神的な安堵と、返せなかったという苦しみの間で悩むこともあるでしょう。

では、債務整理をすることで、どのような良し悪しが発生するのでしょうか。
メリットは、どの方法でも借金の減額ができる、あるいは帳消しにできるという点が挙げられます。
採用する申請によって金額の多少はありますが、借金返済が楽になることは間違いありません。

ただし、手段によっては条件付であるものもありますので注意が必要です。
借金返済が楽になることで、自分の生活も楽になります。
さまざまな苦しみから解放されて、生きていくうえでの活力を見出せるのも大きな利点といえるでしょう。

しかし、その一方で、金融面で考えれば自分の信頼は完全に地に落ちてしまったと考えていいでしょう。
本来ならば返さなければならなかったものを返さなかった、あるいは返せなかったのですから、これは仕方のない部分です。
ブラックリストになっている間はお金を借りるという行為に制限がつきます。

したがって、しっかりと稼いだお金だけで、あるいは親類や両親から都合を付けてもらった費用で生きていく必要が出てくるのです。
理想はあくまでも全額の借金返済が原則ですが、ダメになってしまったら無理をせずに各種申請ができるということはしっかりと頭に入れておきましょう。

借金返済地獄体験談

借金による負の連鎖。債務整理しても失われた信用は戻らない。。

私は過去に借金を抱えていました。
その額は高くはないのかもしれませんが、高校を卒業したった数年と、社会人としてはまだまだ未熟だった頃だったために、借りているお金の額は瞬く間に増えていきました。

最初のころは少し遊びに使うためのお金がほしくて借りてみようかと、興味本位で手を出したことから始まります。
そこからしばらくは返してはまた借りる事の繰り返しで、借金の額が変化することはありませんでした。
しかし、ギャンブルにはまってしまい、挙句の果てには自動車にまで手を出してしまい結果、数社からお金を借りて返すことも困難な状態になってしまいました。

そしてある時に、とある消費者金融業者の方から「このままだと裁判沙汰になりますよ」と言われ、ここで初めて自分の置かれている状況が理解できました。
そのあとは弁護士の方を紹介していただき、債務整理をすることとなり数年かけて無事に完済することができました。

しかし、完済したからといって終わるわけではありません。
借金をした事や、それにより信用を失ったことは記録に残っています。
そのためにクレジットカード等を作ることはできませんし、ローンも組むことができません。

ただこの状況を経験したことにより、お金の大切さを感じることができたので、今後の生活への教訓としていくこととします。

借金返済地獄体験談

任意整理しても借金が返せない?自殺を考えてはダメ!

本当にお金がないのに、自己破産も理由があって認められなかった、個人再生や任意整理で減額したにしても払えない…そんな人もいるのが現状です。
自分の周りにもいるかもしれない借金を返せないで苦しんでいる人。。
これは決して人事ではありません。

借金で悩んでいるだけならまだしも、それが行き過ぎてしまうと、自殺行為に走ってしまう人がいます。
それだけ、返済に対する思いが強かったといえばそこまでですが、何とかならなかったのか…その人から近い関係にいる人はそう思うわけです。

しかし、借金返済しなければならない金額が大きいほど、周りはどうしてあげる事もできません。
本人が自己破産を申請しても、その後の生活に問題が出てくることもあります。
そこをフォローしてあげることしかできません。

借金が返せなくなっても、自殺することだけはお勧めできません。
連帯保証人などになっていない限りは、故人が持っている借入を家族が支払う必要は一切なく、金銭面の心配はあまり必要がないと考えられます。
しかし、自分が自殺したことで後に残された人はどうなってしまうのでしょうか。

やはり、借金で苦しくなってしまったら、まずは信頼のできる周辺の人に相談することを考えましょう。
もし、そのような人がいない場合は弁護士に相談することで、何とかなることも多いです。
お金を返すことだけを考え、生活をするとなるととても苦しいですが、周りと協力することで、何とか乗り切れるようにしたいものです。

借金返済地獄体験談

任意整理で借金返済する!

任意整理で借金返済を進めていくという方法もあります。
これは、比較的毎月安定した収入が得られているという方で、将来的にも返済能力が著しく望めるという方が中心となっています。
借金の総額は多くても、毎月安定した収入があり、非常に返済能力が高いという事であれば、それだけ借金返済がうまくいくと言えます。

そのため、自分にとってどれくらい利用価値があるかという事を考え、任意整理について学んでいくといいです。
借金返済能力が、現在も将来においてもないという方であれば、やはりそれだけ任意整理は難しくなってきてしまいます。
多くの方が、任意整理をご活用していくという事に関して、前向きにとらえていますが、無職の方などは任意整理を使っていく事ができないという事がありますので、できる限り上手にご活用していくという事が大切です。

自分にとってどんな方法で任意整理をしていくかという点は、その人それぞれで異なっていますので、やはり自分にとって安全な方法でご活用していくという事が求められてきます。
自分にとってどんな点でご活用していくかという点は、やはりそれだけ借金整理にどれだけ適している状況かという事を考えていかなければなりません。
任意整理というのは、裁判所に書類を提出するなどは一切ありません。

そのため、非常に簡素で、迅速に終わる事も予想されます。
しかし、複数のところから負債を抱えていますと、その一つ一つの債権者と交渉をする事になります。

借金返済地獄体験談