借金による負の連鎖。債務整理しても失われた信用は戻らない。。

私は過去に借金を抱えていました。
その額は高くはないのかもしれませんが、高校を卒業したった数年と、社会人としてはまだまだ未熟だった頃だったために、借りているお金の額は瞬く間に増えていきました。

最初のころは少し遊びに使うためのお金がほしくて借りてみようかと、興味本位で手を出したことから始まります。
そこからしばらくは返してはまた借りる事の繰り返しで、借金の額が変化することはありませんでした。
しかし、ギャンブルにはまってしまい、挙句の果てには自動車にまで手を出してしまい結果、数社からお金を借りて返すことも困難な状態になってしまいました。

そしてある時に、とある消費者金融業者の方から「このままだと裁判沙汰になりますよ」と言われ、ここで初めて自分の置かれている状況が理解できました。
そのあとは弁護士の方を紹介していただき、債務整理をすることとなり数年かけて無事に完済することができました。

しかし、完済したからといって終わるわけではありません。
借金をした事や、それにより信用を失ったことは記録に残っています。
そのためにクレジットカード等を作ることはできませんし、ローンも組むことができません。

ただこの状況を経験したことにより、お金の大切さを感じることができたので、今後の生活への教訓としていくこととします。

借金返済地獄体験談

任意整理しても借金が返せない?自殺を考えてはダメ!

本当にお金がないのに、自己破産も理由があって認められなかった、個人再生や任意整理で減額したにしても払えない…そんな人もいるのが現状です。
自分の周りにもいるかもしれない借金を返せないで苦しんでいる人。。
これは決して人事ではありません。

借金で悩んでいるだけならまだしも、それが行き過ぎてしまうと、自殺行為に走ってしまう人がいます。
それだけ、返済に対する思いが強かったといえばそこまでですが、何とかならなかったのか…その人から近い関係にいる人はそう思うわけです。

しかし、借金返済しなければならない金額が大きいほど、周りはどうしてあげる事もできません。
本人が自己破産を申請しても、その後の生活に問題が出てくることもあります。
そこをフォローしてあげることしかできません。

借金が返せなくなっても、自殺することだけはお勧めできません。
連帯保証人などになっていない限りは、故人が持っている借入を家族が支払う必要は一切なく、金銭面の心配はあまり必要がないと考えられます。
しかし、自分が自殺したことで後に残された人はどうなってしまうのでしょうか。

やはり、借金で苦しくなってしまったら、まずは信頼のできる周辺の人に相談することを考えましょう。
もし、そのような人がいない場合は弁護士に相談することで、何とかなることも多いです。
お金を返すことだけを考え、生活をするとなるととても苦しいですが、周りと協力することで、何とか乗り切れるようにしたいものです。

借金返済地獄体験談

任意整理で借金返済する!

任意整理で借金返済を進めていくという方法もあります。
これは、比較的毎月安定した収入が得られているという方で、将来的にも返済能力が著しく望めるという方が中心となっています。
借金の総額は多くても、毎月安定した収入があり、非常に返済能力が高いという事であれば、それだけ借金返済がうまくいくと言えます。

そのため、自分にとってどれくらい利用価値があるかという事を考え、任意整理について学んでいくといいです。
借金返済能力が、現在も将来においてもないという方であれば、やはりそれだけ任意整理は難しくなってきてしまいます。
多くの方が、任意整理をご活用していくという事に関して、前向きにとらえていますが、無職の方などは任意整理を使っていく事ができないという事がありますので、できる限り上手にご活用していくという事が大切です。

自分にとってどんな方法で任意整理をしていくかという点は、その人それぞれで異なっていますので、やはり自分にとって安全な方法でご活用していくという事が求められてきます。
自分にとってどんな点でご活用していくかという点は、やはりそれだけ借金整理にどれだけ適している状況かという事を考えていかなければなりません。
任意整理というのは、裁判所に書類を提出するなどは一切ありません。

そのため、非常に簡素で、迅速に終わる事も予想されます。
しかし、複数のところから負債を抱えていますと、その一つ一つの債権者と交渉をする事になります。

借金返済地獄体験談

任意整理の影響は?はっきり正直に答えます。

任意整理の家族に対する影響

任意整理をしたいと心の奥底で思っていても、なかなか決断を下すことができず、それこそ時間だけが過ぎ去っていくようなこともあるかもしれません。
というのも、こういうケースの場合、任意整理に関してどこか疑問に抱いている点が、少なからずあるものです。

それならば、任意整理を実際に依頼する前に、任意整理に関してどんな疑問があるのか、前もって知っておきたいものです。
ここでは、任意整理を行うことによって、家族に対して何か影響があるのかについてお話します。

任意整理を行うことについて考えている人の中には、任意整理をすることによって、その事実が家族に知れてしまうのではないかと心配になってしまう人も居ます。
もしご家族の方と同居している場合は、そのことについて極端に心配してしまうかもしれません。
それは多くの人にあるケースですし、このような気持ちに陥ってしまうことが悪いというわけではありません。

しかし、任意整理をしたところで、家族にばれてしまうということはないのです。
任意整理をする以上、弁護士事務所と書類を交わすことは必要ですが、書類を自宅に送付することを避けて欲しい場合は、そのことを弁護士に伝えれば良いのです。

そうすれば、自宅に書類が送られることはないですし、任意整理のことが家族に知られてしまうようなことはありません。
自分から家族の方に任意整理のことを話せば、その段階で任意整理の事実が知られてしまいますが、そうでなければ家族に知られる可能性はないのです。

任意整理の職場に対する影響

もし現在クレジットカードや消費者金融の借入があり、その返済がどうしても難しいのであれば、任意整理を依頼してみるのが良いです。
しかし、この手続きを行うことによって、職場にばれてしまうとか、会社がクビになってしまうのではないかと、色々と心配になってしまうものです。
では、本当にそのようなことがあるのでしょうか。

任意整理をしたことによって、自分の仕事に何か悪い影響が与えられるといったことはないのです。
任意整理の手続きをしても、その事実を会社に申告しないといけないという決まりはないですし、仮に任意整理をしたからといって、仕事を辞めないといけないということもないのです。

そのまま今まで通り仕事を続けていって、何も問題はありません。
任意整理はあくまでも手続きをした本人の問題であって、会社全体の問題ではないのですから、会社側がああだこうだと口を出すようなことは、絶対にありえないのです。

また、任意整理の際に弁護士事務所と交わした書類が職場に送付されるようなこともありません。
そのため、職場の方に各書類が見られてしまうということもないので、特にこの点で極端に心配をするようなことはありません。

ただし、任意整理をした後に、自ら会社に任意整理の事実について申告をした場合は、さすがに話は別ですが、そもそもの話、会社への申告そのものが必要ないのですから、こんなことで下手に心配してしまうとしても、それだけ無意味なのは言うまでもないことなのです。

任意整理のカードに対する影響

任意整理に関して弁護士に相談する段階では、色々なカードを持っていることが予想できます。
銀行のカード、クレジットカード、消費者金融のカードなど、色々なカードを持っているものです。
もし任意整理をすると、これらのカードを引き続き利用することができるのかどうか、多くの方は疑問に感じるものです。
ここでは、お手持ちのカードに関する影響がいかなるものなのかについてお話します。

任意整理を行うことによって、カードが利用できなくなるのではと感じることでしょう。
この考え方はもちろん間違っていないですが、手持ちのカードの全てが利用できなくなると考えているようであれば、それは間違いです。
というのも、利用できなくなるカードがあっても、それが全てのカードであるとは限らないからです。

任意整理の際、担当の弁護士から、所持しているカードについて聞かれ、場合によってはその段階で回収される場合もありますが、それはあくまでもクレジットカードや消費者金融など、債務が関連しているカードについてなのです。
というのも、もし任意整理後に債務を増加されるようなことがあると、任意整理をスムーズに行うことができず、手続きそのものについても、大きな影響が出てしまいます。

ただし、銀行のキャッシュカードについては、カードローンなどが関連していない限り、特には問題はないので、今まで通り銀行の口座から現金を引き出すことができます。
そのため、銀行口座に対する影響はありません。

任意整理の官報に関する影響

あまり一般的は知られてはいないのですが、新聞の一種で官報と呼ばれているものがあります。
この官報ですが、読んで字の如く、公の新聞で、あまり世間には知れ渡っておらず、見ているとしても、それこそ一部の限られた人だけなのです。
一般的に言う自己破産をした場合、自己破産を行った人の氏名が官報に掲載されますが、任意整理をした場合も、同様に考えた方が良いのでしょうか。

任意整理の場合は、官報にその事実が記載されることはありません。
というのも、任意整理の数も年間でかなり多いので、いちいち官報に名前を掲載していたら、それこそ間に合わないからです。

また、同じ任意整理でも、金額がそこまで大きくないことだって往々にしてあります。
債務総額が100万円に達していないケースでも、任意整理をしないと債務を減らすことができず、生活そのものも変わっていかないため、やむを得ず任意整理をするということだってあります。
任意整理を依頼した金額がそこまで大きくないのに、任意整理をした結果、官報に掲載という流れになっても、任意整理をした側としては、どこか困ってしまうものです。

官報に掲載がなされないということは、自分が全く知らないところで任意整理をした事実がばれてしまうというリスクはありません。
これらの内容について考えてみると、任意整理をした後の官報への掲載については、特に何か心配しなくても、とりわけ大きな問題はないということが理解できます。

任意整理の財産に対する影響

任意整理をしたいのは山々だが、既に持っている財産を処分することについてはどうなのかと疑問に感じる方も居ます。
もし何かしらの財産を処分することになった場合、その財産を手放すことになりますし、もしそうなってしまえば、気持ちが揺らいでしまうものです。
では、実際のところ、財産の処分についてはどうなのでしょうか。

任意整理の場合、この点は特に気にする必要はありません。
というのも、任意整理では自分の持っている財産が処分されることはなく、今まで通りそのまま利用することができるからです。

そのため、家も車もブランドバッグも、任意整理をきっかけに処分する必要はないのです。
家を手放してアパートに住まないといけないとか、車を手放して不便な生活をしないといけないとか、お気に入りのブランドバッグを愛用できないとか、どれも無いのです。

任意整理というのは、あくまでも金利を再計算することによって、今までに支払い過ぎてしまった金利を取り戻し、今後の支払いの負担を少なくすることができる債務整理法なのであって、財産を処分することが目的ではないのです。
ただし、今後自宅や車をローンを組んで購入するとなった場合、任意整理を行ったことが原因となって、ローンの審査をクリアできなくなってしまう可能性も高くなるので、この点は前もって頭に入れておく方が良いでしょう。
この点は仕方ないですが、財産の処分が免れるという点では、非常に助かっていると言っても良いでしょう。

借金返済地獄体験談

任意整理したいなら弁護士に依頼する前に読んでください。

訪問ありがとうございます。
このページに興味を持っていただいたという事は、あなたは任意整理について調べているのだと思います。
それとも、親しいからの借金を何とか解決したいと考えているのかもしれませんね。

任意整理を専門の弁護士に依頼したいと思ったら、まずは基本的な特徴について知っておきたいのは、言うまでもありません。
では、その特徴は一体いかなるものか、ここで見てみる事にしましょう。
任意整理とは、いわゆる債務整理の一種なのですが、金利を再計算することによって、今後の支払いにおける負担を少なくすることが大きな特徴です。

消費者金融などの金利には、上限金利とグレーゾーン金利と呼ばれている2種類の金利が存在するのですが、一般的には後者のグレーゾーン金利で計算されていることが多いものです。
グレーゾーン金利は上限金利より高めに設定されているのですが、この金利は必ずしも支払わないといけないものではなく、上限金利の支払いをすれば、全く問題ないのです。
そうなると、本来は支払う必要がなかった金利まで支払っているのです。
この支払い不要の金利も、数年間積み重なるようになれば、実は膨大な金額になっている場合も多々あるものです。

そこで、金融機関と取引を開始した時までさかのぼって、本来支払うべき金利を再計算する必要が出てきます。
これが任意整理の基本的な仕組みなのです。
もしもその結果、和解に繋がれば、和解内容に基づいて完済に向かって返済をしていけば良いだけなので、特に何か難しい事を考える必要はありません。
あくまでも生活に支障がないように返済を行っていけば、それはそれで問題ありません。

どんな人に向いているのか?

任意整理について知ると、「そんなに便利な債務整理法が存在するなら、是非とも依頼してみたい」と感じる人も居ます。
確かに手続きをする事によって、今後の返済の負担が減るようになるし、そのように感じてしまうのは最もな事です。
しかし、だからといって誰にとっても最適とは限りません。
任意整理をしたいとは思っても、実は他の債務整理法が良い人だって居るのです。
他にも色々な方法がありますから。

では任意整理とは、どんなタイプの人が向いているのでしょうか?
まず、返済に費やせる期間がどれぐらいあるかについてです。
目安としては、3年以内で全ての債務を完済できることが条件になります。

というのも、せっかく任意整理をしても、ダラダラ返済し、結局は完済できないまま終わってしまうことがないように、3年間という目安で定められているのです。
もし3年間での返済がどうしても難しいのであれば、今一度他の債務整理法を検討した方が良いかもしれません。
次に、継続して収入を稼いでいく事ができることが必須となります。

というのも、任意整理では債務の減額は可能ですが、完全に債務がなくなるというわけではないからです。
また、収入に関しては、単発的に大きく稼いでも、その後全く稼ぐことができないという状況では、全く意味がありません。
この2点の条件を満たした時、任意整理によって債務整理を行うことが適していると言えるものなのです。
自分が条件に当てはまっているか、十分な確認が必要です。

任意整理のメリットとは

債務整理法には色々な類のものがあり、どの債務整理法も、それなりにメリットがあるものです。
もちろん、任意整理の場合もメリットが存在するのは、言うまでもありません。
ここでは、メリットとは一体どういうものがあるのかについてお話します。

まず、上限金利の活用に大きなメリットがあると言って良いでしょう。
既に学んだように、任意整理では上限金利にあわせた上で再計算がなされるのですが、この際の上限金利は、年率ベースで15パーセントから20パーセントの間に位置するのですが、これによって大幅な債務の減額が期待できるのです。
一体どれぐらいの金額が減額されるのかについては、あくまでも依頼者の状況や和解内容によってまちまちですが、人によっては100万円以上も得をする場合だってあるのです。

特に過払い金が多い方の場合、そのような傾向が高いです。
次に、面倒な手続きが必要ないことです。
債務整理というと、何か面倒な手続きをしないといけないのかと感じるかもしれませんが、実はそうではないのです。

依頼する側としては、債務の状況について弁護士に申告したり、あるいは債務の状況について調べると言ったことは必要になりますが、あくまでも法律の知識に基づいた手続きなどについては、弁護士に依頼すれば良いことなので、これは特に心配する必要はありません。
しかも金融機関との交渉については、あくまでも弁護士側が全て行ってくれるので、難しい交渉をしないと任意整理ができないということもないのです。
あまり心配しすぎる必要はありません。

任意整理のデメリットとは

メリットについて聞いた人は、是非ともそうしたいと感じることでしょう。
もちろんですが、そのように考えるのは、言うまでもないことです。
しかし、だからといって任意整理のメリットばかりに気を取られているようではいけません。

というのも、メリットのみならずデメリットもあるからです。
何でもそうですが、良い事ばかりというわけにはいきません。
ここでは、任意整理のデメリットとは、一体いかなるものがあるのかについて見てみましょう。

実際に手続きをするかどうか判断する重要な材料になると思います。
任意整理のデメリットとしては、手続き後であっても、支払いを定期的に行っていかないといけないことにあります。
これが最大の弱点であると言って良いでしょう。

こうなると、任意整理をするにあたって、経済的に安定していることが、どうしても必要になってくるのです。
そうでなけでは、支払いを継続する事ができません。
これはどうしても避けても避けることができない項目ではありますが、任意整理とは債務整理法の1種であり、デメリットも受け入れていくしかありません。

また、手続き後は、新たにローンを組めないというデメリットもあります。
任意整理をするということは、予め契約した内容通りに支払いを継続できないということであり、それは言い換えれば返済できる能力が十分でないということでもあるので、そのような人がローンを組むのは、どうしても難しくなってしまうのです。
また、現在何かクレジットカードを利用している方の場合は、クレジットカードが回収され、新たな利用はできないというデメリットも存在します。
これも債務が増えないようにとの配慮からなされているのです。

任意整理の流れ

弁護士に依頼する際は、手続きを行う際にどんな流れを踏んでいけば良いのかについて、知っておく必要があります。
もしこの点について理解することができれば、いざ任意整理を依頼する時に戸惑うようなことがなく、それこそスムーズに行うことができます。
では、任意整理の流れですが、これは一体いかなるものなのでしょうか。

まず、弁護士を探し、その後は弁護士に相談します。
債務の状況などを踏まえた上で、どのように債務整理をしていけば良いのか、弁護士側が判断し、任意整理が適していると思われれば、その方向に話を進めていきます。
その後、弁護士側が各金融機関に対して弁護士介入通知を送付します。
この段階で金融機関から催促を受けることはなくなるので、この点では安心だと言えます。

受任が終わったら、金利の引き直しの計算がなされます。
この段階では、上限金利に合わせた上での再計算がなされます。
その後、和解案の提示がなされ、実際の和解交渉に移ります。
和解交渉では、あくまでも弁護士側が責任を持って行うので、特に心配する必要はありません。

和解の後は、和解内容を確認して合意書の作成を行い、このステップまできてようやく支払いを開始していきます。
そして、決まったとおりに支払いを続けていき、完済をすることができれば、任意整理による問題解決がなされたことになります。
このように、整理の流れを大体でも良いから押さえておくことによって、手続きがスムーズにいくのです。

学生やアルバイトの方の利用可否

任意整理を行う際は、収入が安定的に確保できることが前提条件となります。
こう聞くと、学生やアルバイトの人だと、整理ができないのではないかと考えてしまいがちです。
このような身分の方々からすれば、任意整理の利用可否について、疑問が生じてくるものです。
ここでは、学生やアルバイトの人達が弁護士に依頼しても問題ないのかどうかについてお話します。

これについては、特に問題はありません。
というのも、学生であっても、学生アルバイトによって収入を確保していることも多々あるからです。
こういう場合は、収入がいくらあるのかにもよりますが、もし任意整理をして返済が問題なくできるレベルであれば、返済をスムーズに行うことができるのですから、和解に繋がるのです。
また、アルバイトの場合も、最低1ヶ月に1回は給料が入ってくるタイプのものであれば、何とか完済に向けていくことができます。

このことを考えると、「学生だから」とか「アルバイトだから」といった理由で任意整理を依頼するのを躊躇してしまうのは、あまりにももったいないことなのです。
どんな状況であっても、専門家である弁護士に相談してみないと、どのような返事がもらえるのか分からないのです。
それならば、今一度法律事務所に連絡をして、任意整理のことについて遠慮しないで相談してみる方が良いのです。
その方が、有益なアドバイスをもらうこともできるのです。

借金返済地獄体験談