MENU

借金地獄家族のブログ!家族に打ち明ける?それとも言えない?

 

結婚して家族になる前には知らなかったのですが、一緒に生活するようになって、夫が借金地獄だったことが判明しました。

 

テレビコマーシャルで聞きなれた会社のキャッシングカードを見つけてしまい、問いただすと昔乗っていた車の改造費を何とかしたくて、と渋々打ち明けてくれました。

 

私の大嫌いなギャンブルとかではなかったから良かったものの、もう手放して存在しない車の費用のために借金地獄になっているなんて情けなかったです。

 

実際に家族として生活していると、私には直接の返済義務はありませんが、どうしても家族の生活費の中から毎月いくらかは返さなければなりません。

 

一人暮らしの時にはどうしていたのかと聞いてみると、なんと水道や電気、ケータイ代などを順番に滞納して使えなくなったものから払っていたという有様でした。
借金地獄生活の夫を家族として恥ずかしく思いました。

 

借りているのは少なくない金額でもあり、数万円程度では返しても返しても利子ばかりかかってしまい、まったく元金が減らない借金地獄。

 

給与もそんなに高くないので、最低限の返済額やひどいときには、更にお金を借りて返すといった自転車操業のような状況でした。

 

結局別の事情で夫の実家の家族から援助があり、そのお金を借金返済に充てて完済しました。
理由がどうであれ、消費者金融で借りること自体が、借金地獄家族の始まりなのだと身に沁みた体験でした。

 

借金地獄で家族に迷惑をかけた体験談

 

消費者金融で借りて借金地獄になった家族の体験談を紹介します。
ナニワ金融道をみていた世代なので、消費者金融は怖いというイメージはありました。

 

しかし銀行ではお金を借りられない状態でしたし、ちょっとしたことで気軽に借りられる存在といえばやはり消費者金融でした。

 

私はギャンブル依存症気味なところがあり、パチンコとスロットにはまってしまっていました。
家族の生活費を入れなければならなかったとしても、それをギャンブルに使ってしまい、妻ともしょっちゅう喧嘩をしていました。

 

そんな時に消費者金融の存在を知り、最初は1万円ぐらいだったと思いますが、本当にすぐに返せる程度のお金を借りるところから始まり、最後には借金地獄になりました。

 

そのお金は妻に家族の生活費として渡したり、後はパチンコの軍資金として借りたりで、その日暮らしのような感じでした。

 

消費者金融の金利は思いのほか高く、言葉で説明はしてもらいましたがそれよりも返済しているより高く感じるものでした。

 

そのうち返済が本当にきつくなってきて、収入が増えているわけではないのに返済額が高くなってきたことで、本格的な借金地獄になりました。
借りて返してのサイクルが、回らなくなってきたのです。

 

妻は専業主婦でしたが、パートに出てもらわなければ返せないほど返済が増えて、家族ともども借金地獄です。

 

それを伝えたのはつい最近の事ですが、今はその返済のために家族で頑張っていますが、支払いはとても苦しいです。
家族にも迷惑をかける借金地獄生活は、本当に恐ろしいものです。

 

借金地獄でも家族に言えない体験談

 

競馬ではまってしまって借金地獄。
数年前このような状態に陥ったことがありましたが、家族には言えなかったですね。

 

もともと趣味の競馬を楽しんでいましたが、毎月の使える限界の上限を超えクレジットカードでの馬券購入まで手を出してしまいました。

 

ここまでくるとお金が支払えなくなります。
もちろん家族には内緒です。

 

リボ払いにしたり、友人にお金を借りたりしましたが、結局は口座にお金を振り込み、無くなってしまいます。
やむなく消費者金融でキャッシングして借りて、更に借りてを繰り返すうちに借金地獄です。

 

借金地獄であることは家族にも言えないし、お金を借りた友人にも言えないです。
少しずつ返済を行い、数年をかけて借金地獄から抜け出すことができましたが、絶対に自分自身がキャッシングに手を出す事はないと思っていたので、契約をするときは焦りました。

 

インターネットでギャンブル依存症のチェック項目を試してみても全てあてはまるくらい、完全にハマってしまったわけです。

 

それ以来、会社から禁じられていた副業をあえて土日に当てることで返済にあてたり、無理やり競馬から自らを距離を置くことも行いました。

 

限定された金額でやればいいじゃないか、という意見もありますが、これは無理です。
私の場合は完全に競馬を止めて、数間かけて借金地獄から脱出することができました。

 

家族に迷惑をかけずに済んだのは不幸中の幸いでしたが、ギャンブルを恐ろしく、借金をそれ以上に怖い地獄であることを思い知った体験でした。

最初はわずかだった借入金額が段々と膨らんでいき、最後には借金返済のためにキャッシングを繰り返すようになっていました。

そんな私が、借金地獄から抜け出す事が出来たのは、たった1通のメールがきっかけでした。

>>借金地獄を脱出した実話体験<<