MENU

ギャンブル借金地獄ブログ!ギャンブルで借金を繰り返すクズの体験談

 

以前の私は仕事や職場になじめず心が壊れてしまい、ギャンブルを繰り返すことで借金地獄になったクズでした。
ギャンブルというものは絶対に勝てるというようなことはなく、回数を重ねれば重ねるほど負けるリスクが増えて来ます。

 

ギャンブルを始めた当初こそ勝てましたが、やがて少しずつ確実に負けが増えて行きました。
負けが込むと取り返さねばという気持ちが強くります。

 

それもあってある日、ギャンブルで月収の3分の1近い大負けをしてしまいました。
まだ家賃や光熱費も払わなければいけないのに、払えるお金がありません。
借金地獄は、そこから始まりました。

 

最初は怖かったです。
しかし一度消費者金融の無人契約機で契約しATMで出金してしまうと、借金することに慣れるようになります。

 

心理的抵抗感が少ないからです。
それに、またギャンブルで負け、負けた分は借金で補てんしないと生活が出来ません。

 

そうしてタネ銭まで借りようになり、借金を減らすためにギャンブルに手を出しては負けてまた金を借りることを繰り返す、借金地獄のクズになってしまいました。
返しても返しても、また借りるしかない地獄。

 

それにもともと、強いストレスを感じており、生活が面白くなくてギャンブルを始めたのです。
たちまち追い詰められた気持ちが慢性化しました。
そうなるともう、死ぬことしか考えられない地獄の日々です。

 

そうこうするうちに多重債務者となってしまいました。
自転車操業的な借り入れを繰り返す日々はあっけなく破綻し、債務不履行で消費者金融業者から告訴されました。

 

借金地獄で死にたい気持ちは極限に達し、どうしたらいいかも分からず、完全におかしくなってしまいましたが、ここが転機でした。
弁護士に相談して任意整理をすることにしたのです。

 

任意整理は金融機関で事故情報となり、ローンを含む新たな借入もクレジットカードを作ることも出来なくなりました。

 

その反面、借金で死にたい気持ちと縁を切ることができるようになりました。
ギャンブルで借金地獄の体験は2度とごめんです。

 

ギャンブルで借金地獄生活のクズ

 

私は30代前半の男性です。
今はシステムエンジニアとして真面目に働いていますが、20代前半の頃はどうしようもないクズ人間で借金地獄の生活でした。

 

大学を卒業したものの、就職先が卒業前に倒産してしまいました。
当時付き合っていた彼女以外にも二股を掛けたり、色々なことがどうでもよくなっていまい、まともに働きもせず、パチンコやスロットといったギャンブルばかりのクズでした。

 

最初はギャンブルで勝つこともあったので生活は困っていなかったのですが、そんな生活も長続きするはずもなく、消費者金融から140万円程の借金が出来てしまいました。
ギャンブルでの借入の利息を払う為に日雇いの仕事をして、食事もままならない借金地獄生活が続いていました。

 

ある日、小学校時代の友人と偶然再会したのですが、友人はすでに結婚して子供も二人いるとの事でした。
生活が大変と言いながらも、幸せそうな彼を見ているとクズな自分が恥ずかしくなりました。
ギャンブルを止めて借金を返済し、まっとうに生きていこうと思いました。

 

幸い、プログラミングの知識があったので、IT関連の会社で仕事に就くことができました。
仕事はハードでしたが、残業代はちゃんと支給される会社だったので、多い時では残業代だけで15万円程度は貰っていました。

 

利息の返済などもあり、借金地獄生活を抜け出すまで2年くらいかかりました。
ギリギリまで節約する借金地獄生活でしたが、今まで怠けていた報いなので仕方ありません。

 

ギャンブルで借金地獄!取り立てによる鬱病で死にたい!

 

自分は中学生の頃からパチンコを始め、18才にもなると競艇、競馬、オートレース、競輪と殆どのギャンブルに手を出して来たクズでした。

 

始めのうちは、時々親の財布からお金を抜き取ってパチンコに行くくらいでかわいいものでした。
高校を卒業して就職した頃からギャンブルにのめり込んでいったのでした。

 

どの程度かと言いますと、仕事帰りには毎日パチンコ。
休みの日ともなれば近くの競艇場、競馬場から、他県にあるオートレース、競輪などを回るといった感じで、365日ギャンブルをやらない日は無いという位のクズっぷりでした。

 

それでも会社には毎日通っていましたから、給料は毎月振り込まれるので問題はなかったのです。
しかし消費者金融に手を出し始めてから借金地獄に足を踏み入れてしまったのでした。

 

消費者金融は一応名の知れた企業ですので、返済の取り立てなどはないので余裕なのですが、意外と早くカードローンの限度額が来てしまったのです。
それでもギャンブルに行くことを我慢できません。
偵察に行ったパチンコ屋で声をかけられた闇金業者から借りてしまったのが、借金地獄になった原因でした。

 

闇金業者のシステムは、まず5万円借りると自動的に1万円の利子が付くといった法外のものでした。
5万円あればパチンコも勝てるだろうし、勝って返せばいいや程度に思っていたのですが、全てスってしまいました。
結局、その日のうちに闇金業者から更に5万円の借入をしてしまったのです。

 

初めは丁寧な感じでしたが、借金が100万円の大台にかかると返済の催促が頻繁になってきました。
この頃には利子を含めると150万円位になっていました。

 

それから、返せないとなると深夜に毎晩アパートの取り立てに来て、そのうち会社にも来る借金地獄生活。
その後、私は鬱病に陥ってしまい、死にたいとまで思うようになり、手首を切って自殺未遂をするまでになってしまったのでした。

 

ギャンブルの借金地獄生活で死にたい体験談

 

私のギャンブル借金地獄生活について紹介します。
先に断わっておきますが、真似をしないでください。
死にたいような借金地獄の生活になりますよ。

 

精神的にも負担が大きいので、同じ思いをしてほしくないということで書かせてもらいます。
私が初めに借金をしたのは、10年ほど前になります。
大手の消費者金融から30万円の融資からスタートしました。

 

理由は、ギャンブルに使うお金でした。
最初はお小遣いの範囲で返済することができていましたが、限度額を上げていき、そのうち返済ができない額になってきました。

 

そして、他の消費者金融からまたお金を借りるという借金地獄生活が始まりました。
それでもギャンブルを繰り返し、返済をすることもままならない生活になってきました。

 

それでもギャンブルを止めることなく、借金を借金で返済するという地獄の生活が始まりました。

 

最終的にはギャンブルをするお金も無くなり、支払いのために、お金を工面するという生活になっていきました。
借金地獄の生活は、多い時で合計4社からの借金があり、月々の返済も10万円を超える苦しいものでした。
督促状が家に届いたり、消費者金融から職場に電話が掛かったりもしました。

 

結局は両親に相談してお金を工面して返済することができたのですが、最初に借入をしてから5年目ぐらいからは、ギャンブル借金地獄で死にたい生活でした。
今は全額返済しましたので、すっきりはしていますが、両親に迷惑をかけてしまったので、少しずつ両親に返済しています。

 

ギャンブル借金地獄から脱出できるか無料シュミレーターで診断!

 

ギャンブルの借金地獄から脱出する一番確実な方法は、弁護士に相談して債務整理することです。

 

とは言え、私もそうだったのですが、いきなり法律事務所に電話して相談をするのは、凄く勇気が必要ですよね。

 

なので、インターネットで利用できる無料のシュミレーターで、自分の借金地獄が解決可能かどうか確認しました。

 

このシュミレーターは、匿名・無料で利用できるので、気軽に利用できると思います。

 

24時間OK、土日祝日OKで、仕事が終わった後に、スマホでちょこちょこっと確認できました。

 

シミュレーションの結果、借金地獄から脱出できそうなら、弁護士に相談すれば良いと思います。

 

悩んでいてもギャンブルの借金地獄から脱出はできませんし、勇気を出せば穏やかな日々を取り戻せますよ。

 

>>無料シュミレーターに移動<<

最初はわずかだった借入金額が段々と膨らんでいき、最後には借金返済のためにキャッシングを繰り返すようになっていました。

そんな私が、借金地獄から抜け出す事が出来たのは、たった1通のメールがきっかけでした。

>>借金地獄を脱出した実話体験<<